終身雇用って普通なの?

終身雇用という言葉があります。

一つの会社で定年まで働くことを言いますが、一昔前まではこれが普通でした。勤続30,40年と続き、円満退職しています。

定年まで一度も転職せずに暮らす人は日本にどれくらいいるのか?とふと疑問になり調べてみました。

私は男なのでとりあえず男性の資料を用意しましたが、これは年齢別に転職する人が何%ほどいるかを表した統計グラフです。

厚生労働白書(18)より

1990年~2005年までの表ですが、2005年になるにつれてどの世代も転職率が高くなることがわかります。そして2016年の統計はこちらの21ページ

これをつないでいくとある数字にたどり着きます。

たとえば1995年に20歳だった方100人のうち、10人は転職します。

彼らは2005年に30歳を迎え、そのうちの7人くらいは転職します。

2016年には41歳となり、3人くらいが転職しています。

その後定年までの20年間で同じように10年ごと3人くらいの人が転職するとすると100人のうちの25人くらいは定年までに1度は転職することになります。

人生で転職する可能性=25%

案外高くありませんか?しかもこれは全員が定年までどこかで働き続けることができた場合の数字なのです。では何が足りないか?

 

 

失業率です。

 

何かを理由に職を失っている人は一定数存在します。

完全失業率は過去15年間でだいたい毎年3~5%です。近年は減少傾向にありますがならして4%とします。毎年4%で職を失う可能性があるとして、40年間経つとどうなるでしょうか?20歳から60歳までで職を失う可能性は。。。

 

80%です。

人生で失業する可能性は80%なのです。

(96%の40乗は20%までおちてしまうのです。)

なんということでしょう。転職する可能性が25%かぁ~などと気を抜いていたら、その間仕事を失う可能性は80%なのです。

この現実をしばらく見つめた後、私にはあるひらめきがありました。

 

 

”失業”は普通なのではないか、と。

統計が示す数字のとおり多くの人が失業を経験しています。(私を含む)しかしそれでも多くの人が人生を歩んでいます。

終身雇用は転職リスク25%と失業リスク80%を乗り越えることができた時に得られる非常に稀有な存在なのだと私は言いたいです。

 

そして重要なのは

あなたにとって終身雇用は必要なこと?という質問にどう答えるでしょうか。働き続けることは本当に大変なのです。

社畜は、会社から見捨てられないように会社の足元にしがみついているようにも思えます。失業という恐怖におびえるように。

 

 

生きる道は他に必ずあります。きっと

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です