社畜から逃げた、その後は?

個人的に思う最も危険な社畜思考を以前話しましたが

危ない思考回路に陥ってしまっていると分かれば、
脱社畜できる第一歩を踏み出せたのではないかと思います。

行き場を失ってしまった苦しい心はある時

この環境から逃げ出したい。

と思うはずです。あるいは声に出してしまうこともあるかもしれません。
ここまではOK、正常な叫びだと思います。

しかし問題はこの時にこうも思うことがあります。

でも逃げ出したとしても、その後どうすればいいのか?

その先が良くわからないので
その場に立ち止るという保留の選択肢をよくしてしまいがちです。

解決策がわからないので、とりあえず放置、
時間が解決するだろうという思考は私もたまにしてしまいます。

私も8年間ひとつの会社で働いていました。

8年間すべてがずっと苦痛だったわけではなく、
初めは楽しくて仕方がありませんでした。
最初の5.6年は会社の業務を通じて得られる新鮮な世界に目を輝かせていました。

少し歯車が狂ってきたのは最後の1~2年ほど。
ある時、舞い込んできた仕事の内容にふと

「またか」

とぼやいたことがあります。
業務を5年も続ければ、経験したことのある仕事が再びやってくることは普通のことですが、新鮮味を失った仕事から興味が離れている自分に気づきます。

上司の見ている景色は平社員の自分と違うのか? とか
会社を辞めて独立しよう とか
田舎に行ってゆっくり早期リタイア生活を満喫しよう とか

いろいろな考えがよぎりましたが、

逃げ出したとしてどこに行けばいいんだ?
そんな安直な考えで生きていけるわけがないだろう。
結論はいつもこれでした。

家族に退職を相談することもありました。

でもそこでは家族の優しさが私の保留の決断を後押しします。

”もう少し考えてからでいいんじゃない?”
”安定した収入を捨ててどうやって生きていくつもり?”

新しい世界にいこうと焚きついた火は、こうやって
私自身と周りの環境が生む風によってかき消されていきました。

立ち上がっては座り、立ち上がっては座りを繰り返していくうちに
自分の優柔不断に対するいらだちは、仕事に対する愚痴へと変化していました。

こんな思考の負のスパイラルから抜け出せなくなったとき、
それを救ってくれたのは。。。つづく

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です