家賃を抑える

65,000円という家賃は不要である。
本当はタダで住める場所を探したかったのですが、
力及ばず安い賃貸で落ち着いてしまいました。

しかし、その効果はとても大きいです。

職場を去り、私の住む場所は日本のどこでもよい状態となりました。
また2Kなどという無駄に広い場所に住む必要もありません。

しかし東京都に近いという条件だけは外すことができませんでした。
やはり人口が集中しているところには、物も沢山余っています。
別記事で紹介させていただいた0円で生きるの記事でも、東京都内の情報が多かったです。人口の多さは何かとメリットが多いと思いました。

私はまず管理費込家賃2万円というラインで賃貸を探し始めます。そして駅近。
さらにユニットバスでもいいので風呂トイレあり。共同やシェアハウスは除外しています。

最初に目を付けたのは埼玉千葉です。東京は高いと勝手に思い込み、選択肢に入れていませんでした。

埼玉はベッドタウンとして多くの方が居住し、東京とつながる路線は毎日のように混雑しています。埼京線という痴漢が多い路線も有名です。東京都外なので家賃も抑えられるかなと調べてみたのですが、南埼玉は意外と家賃が高いのです。やはり電車の本数も多く、東京・新宿に1本でアクセスできるのはかなり値段に響くメリットなのでしょう。
3,4万円の程よい賃貸はたくさんありましたが、2万円という物件はほとんど見つけることができませんでした。

千葉は東京にアクセスしやすく、中央線、総武線を使って23区をまたいで西東京で働くという人も多いのではないでしょうか?
私は千葉にあまり行ったことがないので、土地勘がほとんどありませんでした。
とりあえず千葉の西寄りでいろいろ調べてみたのですが、こちらもなかなか見つかりません。船橋、市川では全く相手にされない感じです。

候補が全く上がらず、2万なんて無知すぎたのか・・・とあきらめかけたとき、
ダメもとで東京都全域で検索をかけました。

すると意外と出てくるのです。西のほうで。

メジャーなのは八王子市周辺。だいたい電車で50分前後で新宿に行ける所ですが
2万円台がうろうろしています。また多摩市、日野市など多摩川を超えたあたりからガクッと家賃が下がります。稲城市あたりは23区に近いのか安い物件があまりありませんでした。私はこの多摩川を超えているところに注目して、不動産会社を当たり始めます。

自分の足で歩くうちに、西東京の家賃の安さの理由はすぐにわかりました。
山が多いです。

一見Google mapで駅から200m位しか離れていない物件も、標高を調べると50,60m変わっていることもあります。軽自動車ならフルアクセルで登れるかみたいな急な坂です・・・。家賃が安いと思ったらこちらで標高も確認しながらチェックするとよいです。最後は自らの目で見ましょう!

しかし一方で、光熱費込という物件もたくさんありました。インターネット無料(CATV)も散見されます。

最終的に私は管理費込2.3万円、水道代込という物件を手に入れました。駅からも徒歩5分かつ平坦なので安心です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です