ブログはやっぱり見た目が一番!

ブログを開設してから間もない私ですが、
記事の内容に集中しすぎるあまりに、その記事を載せる
ブログのデザインをおろそかにしているようです。
自分自身で見ていてもいまいちぱっとしませんね。

私の作成したブログには様々な国や端末から
アクセスしていただいています。
日本、アメリカ、中国がトップ3です。
一方でアクセスする端末の画面は十人十色で、
ある人は1920×1200の大画面で訪れますし、
ある人は320 x 568というスマホの小さな画面で訪れる人もいます。

私はこのブログをもっぱらパソコンを使用して執筆、更新しています。いまいちまだスマホのフリック入力に慣れていないのです。。。

ブログは記事が命!

と信じ、ネタを仕込んではせっせと書き込無日々が続いておりました。しかし、
今日出先でたまたまスマホから私のブログにアクセスしてみると・・・

なんと見づらいこと。

トップページから画面の半分以上をアイキャッチ画像が占領しています。1記事読むのにどれだけスクロールしなければいけないのか・・・
またタイトルの文字も大きく、残されたエリアのほとんどを埋めています。こんなに大きい文字でなくても読めますって!

こんなにひどいレイアウトでブログを作っていたのか・・・・

と反省すると共に、すぐに家に帰り、レイアウトの修正に取り掛かりました。

まず初めにWordpressのデフォルトテーマである
[Twenty seventeen] (要は2017年)というテーマを外しました。ちょっと趣向が凝っていて最初に画面いっぱいに画像が出てきます。最初の記事に行くのに1スクロール必要です。

例えば自撮りのかっこいい画像とかがあれば
載せるのもよかったのですが
いかんせんそんなイケメンではないので却下いたします。

PC画面にも、そしてスマホ画面にも柔軟に対応し、
アクセスする端末の画面に合わせてデザインを変化させうまく表示させる手法を
レスポンシブデザインと呼ぶようです。

コンテンツは水のごとし( La citation de Josh Clark)
ということで閲覧する端末を容器と見立て、
提供するコンテンツはその容器にいかなる形でも
提供できるように という格言のようです。元ネタはブルースリーの水のごとくなりなさい みたい。

そんな水のようなレスポンシブデザインなんて
Wordpress初心者の私になんて無理!と思いましたが
デフォルトのテーマでレスポンシブデザイン対応がありました。
実はTwenty seventeenもレスポンシブデザインではあるのですが、もう少しシンプルなものにということで代えさせていただきました。

それが[Twenty fourteen]です。
特に設定はいじっていません。それでもとてもシンプルで
スマホからも複数記事が見やすいデザインとなり
少し改善されたような気がします。

まだまだ殺風景なのは否めないですが、
コンテンツも含め少ずつ色鮮やかにできるよう更新していきます。今日時点のスクリーンショットを残して、数か月後どうなっているかまた比較してみたいと思います。

今度はちょっとPC画面側のレイアウトがあんまりよくないかも…

でもこういった不満がある限り、
改善する原動力になるでしょう!

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です