生きる意味とは ニヒリズムという概念 2

自分なんて生きる意味がない・・・
そんな自暴自棄な考えに陥っていたとすれば、
少し考えを変えれば見方がガラッと変わるかもしれませんよ?
[関連ページ]生きる意味とは1

生きる意味を失った人は2つの”ニヒリズム”に進むことになると
前回の記事で紹介いたしました。
[関連ページ]生きる意味とは1

社畜精神に陥らないように、自分の人生は自由なのだと
強さのニヒリズムに進む必要があります。

生きる意味は自分で作ればいい!
これだけエネルギッシュな思想に切り替えられる人は
社畜にまつわることで苦労することは無いでしょう。
少しずつ強さのニヒリズムをめざし、
生きる意味を考えていきます。

以前生きる意味は
その人が生きる事がどれだけ役に立っているか

という意味と同じであることはわかりましたが、

誰の役に立てば良いのでしょうか?
親?子供?会社?友人・・・?

どれも正しい答えではありますが、まず最初に
考えなければいけないのは・・・

自分自身です。あなたです。

マズローの欲求階層というものがあり、
人間の欲求には階層があると説いています。
一番下は生理的欲求で、安全欲求、社会的欲求・・・と
低次の欲求を満たすとより高次の欲求を満たしたくなる
というものです。

常識のある人にならなければ、とか
仕事でミスしないようにしなければ など
他人の迷惑にならないようにと他人のために精を出す

確かに人のためという人生は役に立っています。
しかし自分を捨ててはいないでしょうか?

彡(゚)(゚)
せやけどな、自分自身の望みを無視した時、
人は『自分』という1番役に立たなアカン相手から
逃げた事になる ワイはな。その時こそ、
人は本当の意味で『無意味』になると思うんや

まずは 自分の役に立つ自分になる必要がありませんか?
自分の望みを満たすことができる自分を構築しない限り、
人のためやそれ以上の高次な望みは得られないのではないでしょうか?

自分のための自分・・・自分の根っこにあるあなたの
望みは何でしょうか?

幸せになること ではないでしょうか?
不幸を目指して生きる人はいないと思います。
人によって手段は違うものの、幸せを求めて皆さんは生きているはずです。

幸せとは・・・
運がよいこと。また、そのさま。幸福。幸運。

と国語辞典でもいまいち噛み砕いた表現がありません。
これすなわち、誰かから教わるものではなく、
一人一人が自分自身に問いかけ、見つけなければならない
答えなのです。
そして何より、自分に素直にならないと見つかりません。

つらい毎日を過ごしたい。死にたい。
こんなフレーズ・生活が望みであるわけがありません。

まずは 自分自身の役に立つ人間になりましょう。
ますは 自分の望みを満たせる自分になりましょう。
このようにまず自分のためという生きる意味を
見出すことができれば、強さのニヒリズムに進む方向は
少しずつ見えてくるはずです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です